フェイスリフト - プチ整形では難しい、強いたるみを抜本的に解決します

フェイスリフト │ ネックリフト │ フェザーリフト

フェイスリフト

フェイスリフト

弛みのために老けた印象を与える、たるみがヒアルロン酸注入などのプチ整形では修正が難しくなった状態を抜本的に解決するなら、フェイスリフトがお勧めです。フェイスリフトは究極のリフトアップ法と考えられています。鼻唇溝のシワやタルミ、アゴのラインのタルミなどを1回の手術で解消できます。
フェイスリフトは、髪の生え際や耳のまわりなどの目立たないところを切開し、緩んだ皮膚を引っ 張り上げる手術法です。近年、筋肉組織を同時に吊り上げる方法が開発されてリフトアップ効果が増大しました。
頬のタルミがなくなりますので、下膨れも改善させることができ輪郭がスッキリとします。また、お肌に張りが出ると毛穴も目立たなくなり、お化粧ののりもよくなると言われています。

フェイスリフトの手術方法

フェイスリフトの手術方法

フェイスリフトは短時間で終了するわけではありません。そのため、基本的には、静脈麻酔や全身麻酔下で治療することをお勧めしています。手術中は入眠していますので一切痛みを感じることはありません。
耳の上部、前面、後側に沿って切開します。
切開の範囲などについてはその方の頭の形状、皮膚の引き上げ方で多少は変わります。
顔面前方に向かい広範囲に皮膚を剥がします。
皮下を剥離する際、薄すぎず、また厚すぎないように、皮下脂肪の中間層で剥離をします。皮下剥離と同時に深部リガメントを切離します。
続いてSMASのつり上げをしっかりおこない、太い溶解糸で皮下から皮膚をSMASにつり上げ固定をおこないます。
この時に靭帯もすべて固定や処理をし、糸で細かく縫縮、縫合します。
必要に応じて頬の脂肪を吸い出します。
皮膚をリフトアップし傷を細かく縫い合わせます。

フェイスリフト治療後の注意事項

入院の必要はありません
シャワーは患部をぬらさないように注意すれば、手術当日から可能です。
術後7日目に抜糸をします。

中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」

ネックリフト

ネックリフト

首のシワやタルミは、スカーフなどで隠せることもあり、顔のシワやタルミと比べると手術の優先順位が下がりがちの様です。実際には、首はとても年齢が出やすい部位です。
特に二重あごや頚部の縦ジワ、七面鳥様の変形などを伴うことにより、年齢より老けて見られるということで修正を希望される方に御来院いただいています。首のしわも程度によってはジェネシスやディエイジといった光治療やRF治療も試されていますが効果が弱く、深いしわやたるみにはネックリフトが最適です。

ネックリフトの手術方法

ネックリフトの手術方法

傷跡が目立たない髪の毛の生え際や耳の付け根辺りにかけて切開します。
一般的には耳介前下部から耳垂を廻り耳介後部、えりあしの生え際を切開します。 皮下を剥離して広頸筋筋膜を露出します。
広頸筋をリフティングし固定します。リフティングの程度を確認し、傷を縫合して終了です。
特に年配の方の七面鳥クビ変形には大きな効果があります。

フェザーリフト

フェザーリフト

フェザーリフトとは、皮膚を切らずに毛羽立ちのある特殊な糸を皮下に通してタルミを引き締める治療です。
切らずに、手軽にタルミを取りたいというニーズは非常に多く、ここ数年で増えてきた手術です。
使用する糸は、体内に吸収されるタイプです。糸の周囲でコラーゲン生成がおこり、肌にハリがでます。さらに今後のたるみ予防にも効果を発揮します。
フェザーリフトは皮膚を切開いたしませんのでキズ跡もほとんど残りません。
腫れも少ないのでダウンタイムが取れない方に喜ばれています。

フェザーリフトの手術法

フェザーリフト(Feather Lift)とは、細かい毛羽立ちをつけた特殊な皮下埋没用糸を用いたメスを使用しないタルミ取り処置の総称です。
使用される糸の特徴となる細かい毛羽立ちが鳥の羽(Feather)に似ていることが名称の由来です。スレッドリフト(Threads Lift)とも呼ばれます。
上記のように特殊加工された糸を使用して、皮下組織を引きしめます。
使用する糸は体内に吸収されるタイプです。
糸の周囲でコラーゲン生成がおこり、肌にハリがでます。
今後のたるみ予防にも効果を発揮します。
この方法は皮膚を切開する必要がなく、キズ跡もほとんど残りません。
手術時間は20分程度です。
皮膚が少し引きつれることがありますが、徐々に改善していきます。

治療費

フェイスリフト

251,000円