耳垂裂・ピアスによる切れ耳 - ピアスによるトラブルが急激に増加しています

耳垂裂とは │ 耳垂裂、切れ耳の原因 │ ピアスによる耳垂裂の治療 │ 耳垂裂の手術 │ 耳垂裂の手術法

耳垂裂とは

耳垂裂とは、何らかの原因で耳垂、耳たぶがさけている状態をいいます。生まれつき耳たぶが裂けている先天性耳垂裂と、ピアスや外傷などによって引きちぎられた後天性耳垂裂があります。耳たぶが裂けていたり、割れていたりすると、美容的な問題があるということで、手術を希望されます。ピアス人口の増加に伴い、ピアスによるトラブルが急激に増加しています。美容外科を受診される方のほとんどは、ピアスによる切れ耳、耳垂裂傷です。


耳垂裂、切れ耳の原因


先天性耳垂裂の原因

先天性耳垂裂

先天性耳垂裂とは、生まれつき耳たぶが割れている状態のことを言います。耳たぶの形が気になる場合や、いじめの原因になる場合は、手術適応になります。

ピアスによる切れ耳、外傷性耳垂裂の原因

後天性耳垂裂

ピアスによる切れ耳とは、ピアスの重みにより、穴が重力の方向に徐々に伸びてしまい、穴が細長く変形し、ついには切断されている状態を言います。大きいピアスや重いピアスを頻用している場合や、耳たぶの縁ぎりぎりに穴をあけた場合、金属アレルギーがある場合、ピアスホールがジクジクすることを繰り返している場合に多いと考えられています。洋服を脱ぐ時に首のふちに引っかかり耳たぶが裂けた、髪の毛を洗っている時に、ホールの縁を引き裂いてしまい、耳たぶが裂けて出血を伴うことがあります。しかし多くの場合、ゆっくりとピアスホールが広がっていきます。少しずつ裂けて広がっていくために痛みや出血はなく、ある日ピアスが落ちて初めて気がついた、ピアスをつけようとしたら切れていたということもあります。


ピアスによる耳垂裂の治療

近年、ピアスによる耳垂裂が、非常に増加しています。ピアスによる傷は、ゆっくりゆっくりと切れていくために、ホールの内側に皮膚が出来上がってしまっているため、切れた部分は、元通りくっつくことはありません。切れた直後に出血し救急外来などで単純に縫合を受けたという方も御来院いただくことがありますが、多くの場合、単純縫合では皮膚はくっ付かず、再び離れてしまいます。ピアスで耳たぶが切れた場合、美容的に醜形をきたすために、家族や友人に指摘され治療を望まれる方や、就職、結婚などを期に手術を希望される方がいらっしゃいます。治療は比較的短時間で終り、抜糸まで傷を濡らさないようにする以外は、日常の制限は有りません。


耳垂裂の手術

耳垂裂の手術は裂けてしまった皮膚を切除し、手術によって元のような形に戻す手術になります。耳ピアスの穴が裂けることによる耳垂裂の治療は、裂傷部が瘢痕化しているため、瘢痕部分を切除し縫合する必要があります。手術方法は直線法、Z形成法、W形成法の3種類に大別されます。


耳垂裂の手術法


直線法

裂けた部分に沿って直線的に皮膚を切り、縫い合わせる手術方法です。他の方法と比較し、単純で技術的に容易な方法です。短時間で終了します。手術後時間の経過とともに傷跡が縮み、耳たぶの縁がくびれてしまう確率が高くなることが直線法の欠点です。

Z形成法

美容外科的で多く用いられる手法です。裂傷の両脇に、60度の角度になるように二カ所の切り込みを入れます。そして三角形の皮膚を各々入れ替えます。アルファベットのZの様なキズとなり延長効果が出ることからZ形成術と呼ばれます。線状のキズによる引きつれ、瘢痕拘縮が生じた場合に多く用いられます。引きつれが起きないので、耳たぶの縁にくびれを予防することが出来ます。しかし裂け方によっては正確に合わせることが難しいこと、立体的な歪みが起きる可能性が有ることなどの欠点があります。

W形成法

W形成術とは、耳たぶの裂傷の線状のキズの両脇に小さなジグザグの切開を行う方法です。ギザギザの切開がアルファベットのWに見えますが、キズを丁寧に縫い合わせることで、目立ち難くなります。傷跡を出来るだけ目立たないようにしたい方に適する手術です。引きつれによるくびれが出来ない点はZ形成術と同じですが、さらにキズの長さを正確に合わせることが出来ること、立体的な歪みが起きないこと、耳たぶの厚みに差があっても修正し易いことなどの利点があり、仕上がりがより良くなります。

治療費

耳垂裂

70,000円


中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」