立ち耳の手術法 - 耳が横に張り出している立ち耳は修正可能です

立ち耳とは │ 立ち耳に対する手術 │ 立ち耳の手術法

立ち耳とは

立ち耳とは、顔に対して耳が横に張り出して、立っている状態を言います。正面からみると耳が大きく見えるのが特徴です。欧米では悪魔の耳と言われ、不吉な耳と考えられることがあり、とても気にされる方がいらっしゃいます。
医学的には、立ち耳は、対耳輪という軟骨の発達が悪く、軟骨の折れ曲がりがないために、耳を頭側へ寝かせる力が働かず、耳が前を向いている状態のことを言います。頭部と耳介の角度が30度以上に立っています。眼鏡がかけられないなどの日常生活に支障をきたす場合もあります。対耳輪の折れ曲がりを作ることで立ち耳を修正することができます。

立ち耳とは

立ち耳に対する手術

立ち耳に対する手術

耳が横に張り出して目立つ、顔と耳のバランスが悪い、耳が大きくて人の視線が気になるという理由で、治療を希望するケースがほとんどです。仙台中央クリニックでは、耳に糸を埋め込みくせ付けをすることで対耳輪の折れ曲がりを作製する埋没法と、耳の裏側を切開する切開法を行っています。


立ち耳の手術法

立ち耳の手術法

埋没法

耳の軟骨を、埋没糸を用いて、折り曲げることで、耳介の対耳輪を作製する方法です。メスを使わない手軽な方法です。手術時間は短く、多くの場合術後の通院は不要です。万が一希望が変わった場合でも、糸を取ることで、耳の形を元に戻すことが可能です。軽度の立ち耳や、切開法に抵抗がある方にお勧めの治療です。

切開法

切開法は、耳の変形や重度の立ち耳に対応できる手術方法です。耳の状態や変形具合によって、様々な治療方法があります。 一般的には耳垂の対耳輪に相当する部位の裏側を切開し、耳介後面の軟骨膜を剥離します。軟骨部分を短冊状に細長い切れ目を入れます。軟骨を折り込み、折込みが戻らないように糸で固定し、切開部を縫合します。これらのほかにも、耳の状態や変形具合によって様々な方法があります。耳の種々の形に対応できるために、有益な方法ですが、術式が複雑で技術が必要になります。

治療費

立ち耳

230,000円


中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」