眼瞼下垂 - パッチリした美しい目元を実現します

眼瞼下垂法(上眼瞼拳筋短縮術) │ 切らない眼瞼下垂手術

眼瞼下垂は、先天的または後天的に眼瞼挙筋の機能に障害が生じ、片眼、または両眼が開けづらくなる疾患です。原因として先天性によるもの、コンタクトレンズの装用によるもの、老化によるものが考えられます。
症状として、瞼の筋肉の力だけでは、眼が開けづらく黒目に瞼がかぶってくるために、無意識眉の力を使って目を開けようとするために、眉が上がり額にシワができます。視野を確保しようとして口を開けたり、アゴを上げたりする特有な顔貌を呈する場合があります。
比較的軽度のものから重度までありますが、症状に応じた治療法が必要です。

眼瞼下垂

眼瞼下垂法(上眼瞼拳筋短縮術)

成人に起こる眼瞼下垂には2つのタイプがあります。

1)筋肉と瞼の連結がゆるんだタイプ
筋力は正常ですが、眼瞼挙筋と瞼を連結する挙筋腱膜がダメージを受けてゆるみ眼瞼挙筋の力が瞼に伝わらないために上眼瞼が開きにくくなっている状態です。花粉症、コンタクトレンズ装着、アトピー性皮膚炎などで瞼をこするなどにより連結部に障害を起こすことが原因とされています。
瞼板と眼瞼挙筋の筋膜との連結を修正することで比較的容易に開眼状態を改善させることができます。

2)筋肉が弱っているタイプ
瞼を持ち上げる眼瞼挙筋という筋肉の力が弱くなり上眼瞼が開きにくく、黒目に被さってくるタイプです。一般的に連結が緩んだタイプより修正が難しく、開眼状態が改善しません。

眼瞼下垂の手術方法

眼瞼下垂の手術方法

上眼瞼を広く消毒して局所麻酔をします。
まぶたのラインに沿って切開し、眼窩隔膜を切開し、眼瞼挙筋に達します。
眼瞼挙筋の動きを確認します。再手術症例などで癒着がある場合は、挙筋腱膜が良く動くように癒着部位を剥離する必要があります。
挙筋腱膜を前転し、瞼板に固定します。筋膜を1ミリ引き上げるとまぶたが1ミリ上がるわけではないので微細な調整が必要になります。
何度も開眼閉眼を繰り返して左右の瞳の大きさを調整した後に切開部を縫合します。

眼瞼下垂の術後経過

手術直後から視界瞳が大きくなります。
前頭筋の力を借りなくとも目が開くようになりますので、眉毛の位置が下がります。
瞳の大きさ、左右差など微細な調整が必要となります。最近特に眼瞼下垂の修正手術が増加しています。美容整形ベテラン医師に相談されるのがお勧めです。

眼瞼下垂

術後、まゆ毛が下がり三白眼が直り、瞳が中央になります

治療後の注意点

1~2週間程まぶたの腫れが出ます(個人差があります)
抜糸は手術5~7日後となります。
抜糸後より洗顔、アイメイク可能です
シャワーは手術当日から可能です。
手術後数ヶ月間傷に赤みが出る場合があります。次第に消失します。

治療費

眼瞼下垂

370,000円


中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」

切らない眼瞼下垂手術

比較的軽症の方は切らずに眼瞼下垂の治療が可能です。パッチリ二重で印象が変わります

眼瞼下垂症状があるが切るのはどうしても抵抗がある方には、切らない眼瞼下垂手術をお勧めしています。比較的軽い眼瞼下垂症状の方に効果があります。強い眼瞼下垂の場合でも、さりげない効果を望む方は手術を受けられる方もいらっしゃいます。
治療時間は約10分です。

治療後の注意点

数日間程まぶたの腫れが出ます(個人差があります)
抜糸は必要ありません。
まぶた以外は当日から、化粧が可能です。
まぶたは手術後2-3日目から化粧が可能です。

治療費

切らない眼瞼下垂

100,000円