薄毛治療 - 薄毛は医療機関で、医学的根拠のある治療を受けられます

薄毛治療の流れ │ 男性薄毛の治療法 │ 女性薄毛の特徴 │ 女性薄毛の治療法 │ 内服薬治療のメリットとデメリット │ 自己植毛治療のメリットとデメリット │ 頭皮注射治療のメリットとデメリット

薄毛治療の流れ

薄毛の原因は、これまで不明であり、薄毛治療としては、発毛サロンにおいて、頭皮マッサージやヘアトリートメントが行われてきました。これらの治療法は、頭皮の血流を増やすことや毛髪環境を改善させることを目的として行われていましたが、効果が不安定で、場合によっては残った毛髪にダメージを与えることがあり、却って薄毛が進行させてしまうという欠点がありました。近年、薄毛の原因が明らかになるとともに、薄毛治療の中心は発毛サロンから、医療機関に移行ました。医療機関では医学的根拠のある薄毛治療が行われています。仙台中央クリニックで行われている医学的根拠のある薄毛治療を紹介します。

中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」

男性薄毛の特徴


男性の場合、薄毛の初期に、額のM字の食い込みが強くなると共に、頭頂部に薄毛部位が認められるようになります。この二つの部位から挟み撃ちにされるような形で、薄毛は進んで行きます。薄毛が進行すると、額の食い込みと頭頂部の薄毛部位が連結し、前頭頭頂部に広く薄毛領域が拡大します。最終的に、後頭部と側頭部にわずかに毛髪を残す程度になり、薄毛の進行した前頭部頭頂部は地肌が出て硬くなり、毛髪が全くなくなってしまいます。

男性薄毛の治療法

男性薄毛に対して、内服薬療法、自己植毛、頭皮注射治療が行われています。薄毛の症状により、これらの治療法を併用することにより、効果が上がることが期待されています。

女性薄毛の特徴


女性薄毛の特徴は、額の生え際には毛髪が維持され、生え際の少し後方から、びまん性に広く薄毛が進行します。そのため男性の薄毛とは、薄毛領域の形状が異なります。薄毛部位では、毛髪の密度が疎になり、地肌が透けて髪の毛のボリュームが無くなりますが、男性の薄毛と違い、地肌が完全に出てしまうことはほとんどありません。

女性薄毛の治療法

男性の薄毛治療には、プロペシアやザガーロなどの内服薬が頻用されていますが、それらの内服薬は、女性には禁忌薬剤として指定されており、服用することはできません。女性の薄毛に治療は、自己植毛や頭皮注射治療が行われています。

内服薬治療のメリットとデメリット


長期間、薄毛治療薬の内服を続けることで、薄毛治療効果が期待されています。内服薬は、比較的安価で手軽であり、痛みを伴わないという利点があります。しかし、内服薬は、治療効果のメインが、抜け毛予防であり、増毛効果は期待することができません。あくまでも現状維持を目指す治療で、効果としての限界が指摘されています。更にプロペシアやザガーロなどの内服薬は、女性には催奇形性が指摘されており、女性は服用することはできません。男性において勃起不全などの副作用が報告されているため、医師の管理下で服用する必要があります。医療機関において処方してもらうのが良いでしょう。

自己植毛治療のメリットとデメリット

自己植毛とは、後頭部から自己毛髪を採取して、前頭部や頭頂部などの薄毛が進行した部位に植毛する治療法です。人工毛を移植する人工毛植毛は、残存毛髪に悪影響を及ぼすことが分かっており、医療機関ではほとんど行われておりません。自己植毛では、移植した毛髪は一度抜けおちますが、毛根は生きており、同じ部位から自己毛髪が再生します。増やしたい部位にピンポイントで毛髪再生することができます。しかし、後ろの髪の毛を移動しただけであり、毛髪全体の本数は変わらないこと、薄毛が進行すると、移植した部位だけ髪の毛が生えたおかしな毛髪分布になることなどの欠点も指摘されています。また毛髪採取はメスを用いて大きく切り取る必要があるために、手術まではしたくないという方には不向きな治療です。

頭皮注射治療のメリットとデメリット


頭皮注射療法は、毛髪再生技術の進歩により、近年開発された薄毛治療法です。頭皮に直接、頭髪栄養因子を注射することにより、自己毛髪がよみがえります。注射治療ですのでチクチクした痛みがあることが欠点です。また1回の治療では効果が少なく、数回注射を行う必要があります。頭皮注射治療には、強い増毛効果が確認されており、今後薄毛治療の中心になっていくと考えられています。


頭皮注射治療は、一部で効果のない類似治療がおこなわれており、きちんと効果を出すためには、毛髪治療の認定施設にお願いすることが重要です。類似治療によるトラブルには十分気を付けてください。