臍が飛び出している、形が悪いなどの理由から、派手や洋服やビキニを着られないと悩んでいる方は多いようです。おへそを出すスタイルの服が苦手など、いわゆる「でべそ」に悩んでいる方は多いようです。美容外科手術の中で、臍の手術は症例数が少ないため扱っていない美容外科もあるようです。

「でべそ」の種類

① 単純に皮膚だけが飛び出しているもの
② 腹膜も飛び出した状態(臍ヘルニア)を合併しているもの

単純に皮膚だけが飛び出している場合は、皮下の瘢痕組織を除去するのみで臍の形成は完了します。しかしヘルニア門が存在する場合は、腹膜をきちんと閉じる必要があります。

臍の手術はこんな方にお勧め

赤ちゃんを産んだら、「でべそ」になってしまった
おへそを出す服が着たいけど着られない
おへそに自信がなくて、ビキニが着られない

出べその手術

へそ形成
へそ形成

仙台中央クリニックでは、臍の内部を正中縦切開して行います。
切開は原則として臍の内部なので、傷はほとんど目立ちません。
腹膜が突出し臍ヘルニアになっている場合は、腹膜を閉じます。
皮下の瘢痕組織を除去して臍窩を形成します。
皮膚を臍窩に落とし込んで縫合します。
形の良い深い臍を形成するために、臍窩に綿球を詰めて1週間固定します。
1週間後抜糸をします。

出べそ手術後の注意点

出べその治療後は、1週間臍窩に綿球を詰めることにより固定しています。濡らさないようにご注意お願いします。

中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」