エラ小顔注射、エラ削り - 顔が大きく厳つく見えてしまうのを修正します

小顔治療(エラ小顔注射) │ エラ削り

小顔治療(エラ小顔注射)

エラ小顔注射

エラが張っている原因には、骨そのものが突き出ている場合と、筋肉が必要以上に発達している場合があります。骨そのものが突き出している場合には、下顎角形成術などのエラ骨切り手術が適応となります。
グッと奥歯を噛み締めたときに耳の下の咬筋が大きく膨らむ場合は、咬筋が発達し過ぎてエラが張っている可能性があります。このような場合には咬筋に小顔注射を直接注入することにより、筋肉の過形成が抑えられ、エラ張りが改善します。

エラ小顔注射治療の手術方法

手軽にエラを小さくしたい。
手術なしに小顔になりたい。
ダウンタイムをできるだけ小さくしたい。
人に知られず自然な変化を希望している。

エラ小顔注射の適応

両側の下顎角周囲を消毒します。施術は、筋肉の動きを和らげるエラ小顔注射を、エラ張りの原因となる咬筋に直接注入するというものです。
注射打つだけなので、数分で終了します。
エラ小顔注射後、約3週間~4週間後くらいから、ダイエットに成功したように徐々にシャープになり、やがてほっそりとしたフェイスラインに変わります。
効果は半年~1年程(個人差あり)で、繰り返し注射することで持続時間が長くなり、筋肉そのものも縮小します。

治療費

エラ小顔注射治療

10,000円


中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」

エラ削り

小顔ブームにより、エラがっていることを気にされて骨切りを希望される方に度来院いただいています。
エラが張っているとベース型または四角型の厳つい顔になるために気にされる方もいらっしゃいます。
近年、エラ小顔注射により手軽にエラの縮小が可能になりましたが、エラ張が強く大きく効果を出したい、一度で治療を終了したいという方には骨切り術も人気がある手術です。 エラ削り
下顎角を骨切りすることで角張った印象がやわらかになります。
エラ削り
下あご全体が大きい方は、アゴを同時に顎も削ることで、小顔効果を大きく出すことができます。

エラ骨切り手術のメリット

エラ骨切りのメリットは、1回の治療で確実に効果が得られることです。きちんと骨切りがなされれば戻ることはありません。
正面視ばかりではなく、側面からのエラの出っ張りも改善することができます。

エラ骨切り手術のデメリット

エラ骨切りのデメリットは、美容外科の他の手術と比較して技術的に難易度が高いために行っているクリニックが少ないことです。
さらに高価な手術道具と内視鏡設備、全身麻酔設備、入院設備が必要なため、手軽な手術というわけにはいきません。
数日間は包帯を巻くことが必要になる場合もあります。
腫れもある程度覚悟する必要があります。

エラ骨切り手術がお勧めの方

小顔にしたい方
正面顔と共に横顔もエラを小さくしたい方
角張ったフェイスラインをなめらかな曲線にしたい方
卵型の輪郭にしたい方
他院で手術をして、あまり変化がなく修正したい方

エラ骨切り手術の手術法

エラ骨切り手術口腔内、下歯茎の奥を3cm程切開します。
骨膜下に剥離すると、下顎角に到達します。
神経や血管を傷つける心配もなくほとんど出血もしません。

エラ骨切り手術まず、下顎骨の中面の最も厚い部分を削骨します。
この操作によりあごがすっきりします。
ただし、骨髄が出るほど削ると、出血や骨の強度低下があるので十分気をつけます。
下顎骨外板を広く削ったのちに手術部位を洗浄し、口腔内粘膜を縫合します。
血腫予防のために血液排出用のドレーンを入れます。
数日間包帯で圧迫します。

エラ削り手術の注意点

術後しばらくの間、口が開き難いことがあります。
エラ削りの術後、神経が麻痺して口が動かない、感覚が鈍くなることがあります。
エラ削りの手術後は、多少腫れますので、マスクで隠していただいています。