隆鼻術 - 鼻筋が通ると、顔全体が整った印象に見えます

ヒアルロン酸による隆鼻術、ヒアルロン酸鼻注射 │ 隆鼻術、鼻プロテーゼ

ヒアルロン酸による隆鼻術、ヒアルロン酸鼻注射

鼻筋が通ると、目もとのシャープさが強調され、顔全体がぐっと整った印象に見えてきます。近年、注入用のヒアルロン酸が開発され、簡単に鼻をきれいに高くすることができるようになりました。鼻背部や鼻尖部にヒアルロン酸を注入して、鼻筋を全体的に通したり、鼻を高くしたりする手術です。自由に注入量や注入部位、注入素材を選ぶことができます。
非常に手軽で腫れも少ないために忙しい方にも喜ばれています。

隆鼻術

特徴

数分で終わる簡単な治療です。
個人差はありますが、ほとんど腫れません。
鼻にピンポイントで注入できます。

手術方法

鼻及び鼻の周囲を消毒します。
高くしたい場所にヒアルロン酸を注入します。
ごく短時間で治療は終了します。

治療費

鼻ヒアルロン酸

21,000円


中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」

隆鼻術、鼻プロテーゼ

プロテーゼは、ヒアルロン酸では難しい部分の形を出したり、形成したりすることができ永久的に形を持続するこができます。また、不必要に感じたら形ある物なので取りだして元に戻すことができます。

I型とL型のプロテーゼではどちらがいいの

I型プロテーゼI型プロテーゼの特徴
プロテーゼの固定が骨膜の1点のみであり、動く可能性がある
鼻尖に負担がかからない。
プロテーゼの加工が簡単

L型プロテーゼL型プロテーゼの特徴
プロテーゼが鼻中隔と骨膜の2点で固定されるので固定力に優れる。
鼻尖に負担がかかる場合がある。
プロテーゼの加工に技術を要す。

当院では鼻の状態を診察して、本人の希望も聞きながらプロテーゼを選択しています。要は希望の鼻の形によりプロテーゼを選択し、プロテーゼの形を整える必要があるということで、どちらの形が良いとか悪いとかいうことではありません。

鼻プロテーゼの手術

鼻プロテーゼの手術

鼻の周囲を消毒します。
鼻に局所麻酔を行います。
一般的に右の鼻腔内を切開します。
大鼻翼軟骨上、鼻背軟骨上、鼻骨骨膜下を剥離します。
剥離したスペースに、ここに削り調整したシリコンプロテーゼを挿入します。
鼻孔縁の切開部をナイロン糸で縫合します。
プロテーゼが動かないように3日間程度絆創膏固定します。

鼻、アゴのプロテーゼは、大きさ、高さ、厚みを考慮し医師が1つひとつ患者様に合うものをお作りしていますのでカウンセリングの際にご希望をお伺いしております。

3日間固定し、7日目に抜糸があります。

鼻プロテーゼの特徴

一回の治療で半永久的な効果が期待できます。
一人一人に合わせてプロテーゼを削りますので、細部のオーダーができます。

隆鼻手術の注意点

個人差がありますが、1週間程度腫れることがあります。目の周囲まで腫れることもありますが必ず引きますのでご安心ください。マスクをして隠していただいています。
手術後衝撃が加わると、鼻プロテーゼが動くことがあります。十分注意してください。

治療費

鼻プロテーゼ

111,000円