わし鼻削り - こぶを取り、すっきりした鼻にします

わし鼻削り、鼻骨幅寄せ

わし鼻削り、鼻骨幅寄せ

鼻筋にコブ(ハンプ)が出っ張っている状態をわし鼻と言います。ハンプがあり鼻尖が下がっている場合を魔女鼻と言います。
鼻の(ハンプ)は一般的に鼻の高い人に多い形状ですが、顔全体がくどくみられるために修正を希望される方がいらっしゃいます。
鼻腔内側を切開して出っ張っている部分の骨を削って滑らかに手術が行われ、この手術をわし鼻削りと言います。
鼻の幅が広がっている場合には鼻骨骨切りを行い、鼻幅を寄せることも可能です。この手術を鼻骨幅寄せと言います
更に、その上で自然なプロテーゼを入れてメリハリをつける事も出来ます。

鼻尖縮小

わし鼻削り手術の方法

鼻尖縮小

一般的に静脈麻酔または全身麻酔で眠っている間に手術します。
鼻孔中を切開して大鼻翼軟骨上、鼻背軟骨上、鼻骨骨膜下を剥離します。
ハンプ部分(鼻軟骨と鼻骨)をメスやノミで削り取ります。
ハンプが小さければこれで終了して切開部を縫合します。術後は鼻筋をテープまたはプラスチックギプスで固定します。

鼻骨幅寄せ手術の方法

鼻尖縮小

ハンプが大きい場合はハンプを削ったことで鼻筋が太く扁平になってしまうことがあるので、引き続き鼻筋を細く整える鼻骨幅寄せ骨切り術を行います。
鼻専用ノミで鼻骨に数箇所切れ込みを入れ、鼻骨を折り曲げて丁度良い幅に矯正します。曲がっている鼻の場合は、鼻骨にノミで切れ込みを入れ、鼻骨を真っ直ぐに矯正します。切開部を縫合し、術後は鼻筋をプラスチックギプスで固定します。

治療後の注意点

3日間、テープで固定します。
7日目に抜糸します。
個人差はありますが骨切りをした場合腫れが出る場合がありますのでマスクで隠してもらっています。

中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」