鼻ヒアルロン酸が横に広がった - きちんとした効果を望む場合には、ベテラン美容外科医に相談を


鼻ヒアルロン酸が横に広がった

鼻ヒアルロン酸は、鼻筋を通す治療で、簡単な手技であるために多くの美容外科クリニックで行われています。ヒアルロン酸の入れ方により、鼻筋が太くなったり横に広がったりすることがあり、他院修正の御相談を頂いております。簡単に治る場合もありますが、治療に難渋することもあります。鼻ヒアルロン酸はプチ整形に属し、簡単な手技ですが、甘く考えてはいけません。きちんとした効果を望む場合には、ベテラン美容外科医に相談されるのがお勧めです。

鼻ヒアルロン酸が横に広がった症例のやり直し手術

鼻ヒアルロン酸が横に広がった

アバター、鼻ソーセージを治したい

鼻ヒアルロン酸が横に広がった状態を、アバター、鼻ソーセージ、などということがあります。目と目の間がコブの様に盛り上がり、鼻筋が太く、どう見ても整形したという不自然な鼻になります。ヒアルロン酸が長期に継続することが多く、修正手術が必要になります。

中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」

鼻ヒアルロン酸が横に広がった場合の修正手術

注入物質が薬剤により溶解可能な場合は、溶解を試みます。元の状態に戻してから、再度適切な位置にヒアルロン酸を注入することもありますし、鼻プロテーゼの挿入を行うこともあります。
注入物質が薬剤により溶解できない場合には、一部切開して、注入物を掻き出す必要があります。その場合非常に難易度が高い治療になります。