小陰唇縮小 - 女性ならではのデリケートな悩みを解消

婦人科形成 │ 小陰唇縮小術

婦人科形成

小陰唇、大陰唇、処女膜、膣などの女性器のコンプレックスはとても深刻なものだと思います。仲の良い友人や身内にさえ相談しにくい問題です。しかし、治療は意外に簡単で、しかもほとんどの治療は1回の通院で終了します。
当然のことですが、プライバシーは完全に守られます。経験と知識の豊富な医師にご相談ください。あなたのコンプレックスはスッキリと消え去り、きっと明るく前向きな毎日を送ることができます。

小陰唇縮小術

小陰唇は膣の両脇にある唇状の襞です。大きすぎるかどうかを確認するには、裸で鏡の前に直立の姿勢で立ってみて判断することができます。大陰唇から小陰唇が大きくはみ出していたり、ぶら下がっていたりする場合は、大きいといえます。生まれつき小陰唇が肥大している場合や、出産後に肥大する場合があります。
小陰唇が肥大していると、性器を清潔に保つことが難しく、ニオイがきつくなることがあり、下着に擦れて痛みを感じる、着色して黒くなって しまう場合があります。自転車に乗ったり長時間スポーツをすると痛んだり、性交渉の時にも邪魔になるということで治療を希望される方もいらっしゃいます。
静脈麻酔を併用して痛みを感じることなく治療できます。
肥大した部分を切除縫合し、平均的な形・大きさに整えます。術後1ヶ月程度は、激しいスポーツや性行為などを控えることを除けば、日常生活にはほぼ支障がありません。
縫合にはほとんどの場合で溶ける糸を使用しますので、抜糸などのため通院する必要もありません。

小陰唇縮小手術

手術は載石位で行います。
陰部を消毒します。
小陰唇縮小の治療は、大きすぎる部分、左右差が生じている部分、形がいびつな部分、色が黒ずんでいる部分を含めて切除可能なようにデザインします。
デザイン後、小陰唇に局所麻酔を行います。
デザインに沿って小陰唇を切除し、切開部を糸で縫合します。
溶ける糸を使用することも可能ですので、通院できない遠方の方でも安心して受けていただくことができます。

小陰唇縮小術

小陰唇縮小手術後の注意点

小陰唇部分は包帯による圧迫が出来ない場所であり、強く動くことにより縫合部が一部ほつれて出血することがあります。出血がひどい時は再度ご来院いただくことがあります。

治療費

小陰唇縮小

125,000円


中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/」